読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kokeshiyamadaのブログ(仮)

都内でフリーで働くおばちゃんのアジア旅の記録などなど 

本当に行ってきた人が書く。これが福建土楼(客家円楼)だ。

念願の福建土楼に行き宿泊までしたのに、

ブログに書いたのって、アモイからの行き方だけ・・・ 

kokeshiyamada.hatenablog.com

 

もう、今さら記憶をほじくりだして写真を貼って

書いていくのも面倒だな〜〜と思ってたら、ありましたよ!

その時、現地で書いた生々しいメモが。

 

中国で壁越えができる香港SIMのチャージが切れていたので

ぜんぜんツイートができず、

その代わりにせっせとiPhoneにメモしといてよかった。

 

旅行の記録は、生に限るわ。

以下、写真を交えつつ、文章はそのまんま貼っときますね。

 

本当に行ってきた人が書く。

これが福建土楼だ。

f:id:kokeshiyamada:20170210221525j:plain

 

 

 

(以下の文章は、現地で書いたままのメモ)

 

承啓楼、デカすぎてスマホのカメラでは内側の凄さが撮れない、

かなりの広角レンズじゃないと…

 

f:id:kokeshiyamada:20170210221600j:plain

f:id:kokeshiyamada:20170210221627j:plain

で、門で画期的な撮影サービスが!

楼の二階か3階にカメラが仕込んであり、

門の前に被写体を立たせリモートシャッターを押す。

 

f:id:kokeshiyamada:20170210221956j:plain

スゴい仕組みだ!A4サイズにパウチして10元、って激安じゃね?

 

しかし、さらに土楼ビジネスには続きがある。

写真の仕上がりを待つ間、茶屋に案内され、

あれよあれよという間に茶杯に注がれてしまうお茶。

小さな杯で何杯も…ま、あ、買ってもいいかな。

f:id:kokeshiyamada:20170210222705j:plain

 1斤40元。めちゃ多い…

しかし敵も心得たもんで、「常温で1年持つ」と筆談してくる。

 

結局、40元で花茶を購入。

写真撮影からの流れるような茶葉ビジネスに感嘆!

観光地でヤられた! でも、日本円にしたら750円ちょい。

これは安い…茶葉の適正価格は知らないが、

あの写真はあの位置からしか撮れないから

50元でもいいと思うよ〔日本人相手なら〕。

 

f:id:kokeshiyamada:20170210222954j:plain

 

 

f:id:kokeshiyamada:20170210223050j:plain

 

f:id:kokeshiyamada:20170210223329j:plain

 

f:id:kokeshiyamada:20170210223434j:plain

 

f:id:kokeshiyamada:20170210223523j:plain

承啓楼をうろついた後、疲れ果てて、

楼の外側でボケら〜〜 してたら、お婆さんが話しかけてくる。

 

 

写真の話のようだ。

言うても既に撮ったし、とパウチっこを見せても引かない。

聞き取れた単語が「四楼」。

つまり、4階から撮影できる?

たった「五块」で? ついて行く。

 

f:id:kokeshiyamada:20170210223657j:plain

 

f:id:kokeshiyamada:20170210223812j:plain

 本来は観光客は上がれないハズの階段をずんずん。

次々と撮影スポットを指南。

こ、これはアンコールワットで体験したアレやないかい!

こっちの方がずっと安いが。

4階まで上がり、撮りまくり、五元払い、おしまい。



本来は人が住んでた場所に、観光客がずかずか入り込んで、

住んでる人もそれ用の商売をせざるをえなくなるよなあ〜

しかも、たいして儲けてるようにも思えない。

台湾の花蓮で見たタイヤル族の踊りを思い出した。

しかし私も観光客だし、見たいし、、

 


4時に迎えに来てもらい、次は振成楼のあるエリアへ。

f:id:kokeshiyamada:20170215211743j:plain

 

チケット90元を払い…ひたすら歩く。嘘ってぐらい遠い。

 

f:id:kokeshiyamada:20170215211802j:plain

たぶん私がパソコンを持ち歩いてるのと半日歩いて疲れたせい。

これはもう、しんどいぞ。

 

 

 

f:id:kokeshiyamada:20170215211836j:plain

 

f:id:kokeshiyamada:20170215211854j:plain

振成楼、見るには見たけど、あろうことか、もうお腹いっぱい。

憧れの福建土楼まで辿り着いてお腹いっぱいって…

なにしろ疲れた。もう寝たい

 

f:id:kokeshiyamada:20170215212721j:plain

 

エリア内に他に見るものがあるが、もう無理。

泊まらせてもらう。

100元。土楼の3階。

f:id:kokeshiyamada:20170215211933j:plain

泊まったからこそ見れる3階からの眺め。

しかし、もう撮影する気力がないよ

 

f:id:kokeshiyamada:20170215212020j:plain

 

 

 

f:id:kokeshiyamada:20170215212103j:plain

f:id:kokeshiyamada:20170215212111j:plain

 

f:id:kokeshiyamada:20170215212154p:plain

土楼の部屋の中。

なんのサービスか、女性のピンナップ4枚と男性のピンナップが1枚。

テレビもある。

電源もある。

トイレはバケツ。

しかし、土楼の外に行けば水洗トイレはあるのだ。

 


しばし休憩して、6時頃に外へ。

お菓子のみやげ。「スー块」と言われ

4元⁉︎ 安すぎ!と思いきや10元。

成都もだったけど10と4の区別がしにくい。

しかし10元でも激安ですけど。

 


営業時間外かも、、とおそるおそる食堂へ。

f:id:kokeshiyamada:20170215212403j:plain

 

福建雲呑の写真見てこれや!と。

オーダーしたら、冷蔵庫から肉あんと皮を出して、包んでいる。

そっから〜? すごい手間だよ。10元のメニューに。

なお、包んでいた青年は、この辺りでよく見る、

「暑いから脱いだ」系の上半身ハダカ。

極めてナチュラルにセミヌードで業務を遂行。

f:id:kokeshiyamada:20170215212328j:plain

 

雲呑が茹で上がるのを待つ間、お茶を勧められ、一杯飲む。

うん、分かってるんだよ、お土産のお茶だよね、

でもさっき買っちゃったんだよ。

どう断るか思案してたら、雲呑が出来上がり…  

食堂のおばちゃん、それ以上お茶を進めるでもなく…

なんか、グイグイこなくてありがたいけど、

商売人ではないな。帰りに「慢走」と言ってくれた!

 

f:id:kokeshiyamada:20170215212509j:plain

 

暗い。土楼の周辺、ちらほら明かりが見えるものの、圧倒的に暗い。

こんなに暗いのは、いつぶりだ?

しかし、その暗がりの中を土楼のそばまで近づくと

人感センサーでライトが着くのだ。

意外とハイテクな面もあり。何という、程よい不便さ。

土楼ではwifiは無いが、実はさっきの食堂にはWi-Fiが飛んでいた。

 

3階に登る階段の場所を忘れて、

土楼内をウロウロするハメになったが、なんとか着。

スマホのライト機能あって良かったよ。


土楼の外側〔外円〕にあたる部分の窓が開いてるせいか、

ちょうどいい涼しさ。

子どもの声やら家族の話し声が聞こえていい感じだ〜〜

耳に心地よい喧騒ってあるよね。

中国に来てから習慣化されたこと。

トイレットペーパーがあれば、

余分に貰って自分のティッシュケースに入れとくのだ。

次のトイレに紙があるとは限らない。むしろほとんど無い。

 


夜7時半だが、寝る以外にやることがない。土楼の夜は早い


2時半に目がさめる。蚊と鶏がうるさい。しばし寝つけず。


6時におきて外のトイレへ。

なんとか、バケツにはせずに済んだ。

 

鍵を誰に返せばいいか分からずウロウロ。

最後に会ったお婆さんがドアに掛けて「ここに置いとこ」的な。

付箋にA314退房と書いたのを貼る。

振成楼を6時半頃出て、観光エリアのゲートに6時50頃についた。

昨日はあんなに遠く感じたのに、朝だと近い。

しかし、こっからが、泣きたくなるほど遠かった。

ゲートの近くにいたおじさんの言う方向に歩き出したが、

えんえんと街らしき場に辿り着けない。

本当にこの方向で合っているのか?

誰かクルマに乗せてくれまいか?

そもそも歩いてる人がいない道を歩くのが不安。

たぶん、そんな私が珍しくて、

バイクで通り過ぎる人もこっちを見ている…


最後に道を聞いたのは2人組のお婆さん。

彼女達が来た方向に歩いて行けば大丈夫なようだ。

人が暮らす集落が見えた!宿もある!バス停は近いぞ!


なんかもう、すごい感動。

バス停に着いたのは7時35分。出発10分前。

トイレに行く時間はあったが水と食べ物を買う時間なし。

とにかくバスに乗れた。
例の、旅の不安と安堵のセットだ。

これが旅の醍醐味なのだ。ぷは〜

帰りのバスは63元。

7時45分に出て11時55分にバスターミナル着。

途中、休憩あり

 

 

 

以上、現地でメモったものに写真を添えただけの

粗々の土楼体験記です。