読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kokeshiyamadaのブログ(仮)

都内でフリーで働くおばちゃんのアジア旅の記録などなど 

廈門(アモイ)から個人で福建土楼に行って戻る方法

9月22日・23日、念願の福建土楼に1泊してきました。

 

中国に着く前に日本で色々と土楼について検索しましたが、

情報が古かったりして、結局は「ええい!現地に行けばなんとかなるじゃろ」

と見切り発車しました。

 

なので、次に行く方のために体験ベースの情報を置いておきます。

 

《9月22日》

廈門の枋湖バスターミナル(枋湖客运中心)→ 「永定土楼」行きのバス:片道60元

 

⚫︎朝6時40分、7時40分、8時40分の便あり 

(ほかにもあるかもしれませんが、私が提示されたのは上記の3便)

 

※キャリーケースは、バスターミナル内の荷物預かり所に8元で預けました。

 

8時40分にバスターミナルを出発

11時頃にガソリンスタンドでトイレ休憩

12時20分頃、「永定土楼」に到着。(バス停の名称は「土楼汽车站」)

付近に飲食店が数軒あるのでお昼ご飯を食べて、いよいよ土楼へ。

あ。その前に、翌日のバスの出発時間を撮影しときます。

土楼から廈門に戻るバスは、3本。

出発時刻は、7時45分、12時50分、14時50分です。

f:id:kokeshiyamada:20161001190945j:plain

ここまでの課程で、必ずバイクか車のドライバー氏などが声をかけてきます。

私は、声を掛けてきたお姐さんの事務所兼売店で以下の会話をしました。

(実際は、片言英語+筆談+ジェスチャーでグダグダと)

 

姐「どこの土楼に行く?」

私「振成楼と承啓楼。承啓楼に泊まりたい」

姐「承啓楼は遠いから明日戻ってくるのが大変だ。先に承啓楼に行き、

  その後に振成楼に行って泊まった方がいい」

私「わかったそうする。いくら?」

姐「車とバイク、どっちがいい?」

私「車で」

姐「80元」

車に乗って先に承啓楼(通称:土楼王)に向かい、

着いた時点でドライバー氏に迎えに来てもらう時間を決めます。

(おそらくこの時点で午後1時頃)

4時に迎えに来てもらうことにして、一旦お別れ。

なお、目指す土楼エリアは思いっきり観光地化されておりまして、

入場料を払ってゲートをくぐらないと中に入れません。

 

この中でわたしが行ったのは、下記の2箇所です。

●1つめの「福建土楼客家民族文化村景区」90元:振成楼など

●2つめの「福建土楼王景区」50元:承啓楼など

f:id:kokeshiyamada:20161001192327j:plain

 

な、なんか、ブログに情報をまとめるのって意外と大変なんですね。

ここで力尽きました。続きはまた後日。

 

 

2017年3月18日追記 

福建土楼の中が実際どんなだったか?&帰りの記録はこちら。

1泊100元で泊まってきました。

kokeshiyamada.hatenablog.com